ブログ

インドの治安ってどんなもん?私の経験談と、詐欺や痴漢に対する対策

現時点で、インドにこれまで4回行ったことのある私。

期間は毎回、1ヶ月〜2ヶ月でバックパックを背負って1人で周遊しています。

そして毎回、渡航前にも渡航後にも数多くの人からこう聞かれます。

「インドの治安って悪くないん?」

「女1人でインドって大丈夫なん?」

と。

インドの悪いところだけが目立ってメディアでとりあげられているためか、毎回このような「インドの治安」に関する質問責めに合います。

ですが基本的にインドに対して「治安が悪い」といった印象はないです。

「知らない人に着いていかない」という小学生の時に教わったようなことを守れば基本的に安全だと私は思います。

今回はいつもインドを女1人で周遊している私の体験談と、インドへ行く前にあらかじめ知っておいてほしい、詐欺や痴漢に対する対策を紹介していきます。

 

女だからこそこんな目にあった!私のインドでの経験談

 

「一歩間違えれば危ない目にあっていたかもしれない」と思った、私の経験談を3つ紹介します。

全て私が1人でインドを周遊していた時に起こった実話です。

 

 

1.デリーの銀座「コンノートプレイス」にいた怪しい人達

はじめての1人海外旅でやって来たインド。

飛行機のトランジットで立ち寄った中国でiphoneの充電器をなくしてしまった私はアップルの正規品が売っているお店を求めて、世界的に有名なブランドのお店などが立ち並ぶコンノートプレイスに到着しました。

到着した時、すでにiphoneの充電はあと数パーセント。

しかし、アップルの正規品が売っているお店がなかなか見当たらない。

充電がなくなってしまうことに不安を抱いていた私はグーグルマップを開くことすらできず、おどおどしながらコンノートプレイスを歩き回っていました。

その時の私は「インドに着いたばかりの人」というのが詐欺師から見たらバレバレであろう不安そうな顔をしていた、、。

歩き回っている時に裏路地的な場所に着いてしまい、1人の怪しげなおじさんと目が合いました。

Hello!!!!!

……。(無視)

Do u want 1 hour Job ?? Sex!! Sex!! Sexxxxxx!!!!!

ここにいてはやばいと思い、元の道へと走って逃げ去りました。

そんなこんなで逃げている時に、次は若いインド人男性に話しかけられました。

ハロー!何してるんだ?

……。(絶対変な人や。無視しよ。)

ハロー!!大丈夫かー?!!!

…。(めっちゃ着いてくるやん、、。)

俺は怪しいやつじゃない!なにか探してるのか?

…。

(あまりにも着いてくるので、途方にくれた私は返事をしました。)

iphoneの充電器が売っているところを探してる!appleの正規品が置いてあるお店!

あーそれだったら俺に着いて来い!こっちだ!!!

と、疑いながらも着いて行くと本当にお店につくことが出来ました。

無事に正規品のiphone充電器を買うことが出来てホッとした私。

この若いインド人男性を疑って申し訳なかったかなー。と思いながら、とりあえず「ありがとうー!」と伝えると、

これからのインドでの旅程はどんな感じなんだ? すぐそこに政府の旅行代理店があるから行ってみたらどうだ?
俺もついて行くぞ!

政府が運営している旅行代理店などは存在せず、コンノートプレイスにある「政府の旅行代理店(Goverment Tourist Office)」と看板に書かれた旅行代理店は悪名高きぼったくり旅行代理店だと知っていた私は騙されることもなく、

へー、そうなんやー。ええわ。

と言って、その場を立ち去りました。

2.結局、人は煩悩だらけ?ダラムサラで出会ったチベット僧侶。

チベットの亡命政府があり、多くのチベット人やチベット僧侶が住んでいるダラムサラ。

ダライ・ラマが住んでいることでも有名な地でもあります。

そんなダラムサラでは、赤い袈裟を着ているチベット僧侶と街中でたくさんすれ違います。

ダラムサラに到着したばかりの時、1人でベンチに座ってボーッとしていると赤い袈裟を着た30代くらいの1人のチベット僧侶が話かけてきました。

ハロー!どこの国から来たんですか?

日本ですよー!

そうなんですか!今まで会ってきた日本人は英語が出来なくて、上手く会話出来なかったんですよね。実は僕、最近英語の勉強を始めたばかりでして、、。英語の会話の練習がてらにあなたとお話したいんですけど、そこのカフェでちょっとお茶しません?

是非是非。行きましょう〜。

といった流れでチベット僧侶とカフェでお茶をすることになり、僧侶のお仕事内容や、ダラムサラに来るまでに至った経緯、なぜ英語を勉強し始めたのかなどなど、たくさんお話をしてもらいました。

1年前から学校にいったり本を読んだりして英語に触れだしたばかりなのに、言葉に詰まりながらも英語で会話しようとする彼の意欲は、

英語を義務教育から大学までの長期間学んできてもなかなか英語を使いこなせていない日本人の私からすると、見習わなければならないなと強く思わされました。

そんなこんなで、ダラムサラの観光スポットなども案内してもらい、

雨が降ってきたのでどうしようかと話し合っていると、

よかったら僕の家来てください!野菜たっぷりのスープ作ってあげますよ!

とおっしゃってくれたのでお家にお邪魔することに。

“異国で女1人で男の人の家に行くのはちょっとやばいかもしれない”という暗示が頭の中に一瞬よぎりましたが、「僧侶だし大丈夫だろう。」という浅はかな考えでお家におじゃましてしまいました。

はい〜。スープが出来ましたよ。召し上がれ〜。

お、美味しい、、。(味の濃いインド料理ばかり食べていたので、チベットの方が作る優しい味のスープはとても体に染みた)

何か映画でも見ます?(パソコンを持って来る)

あー、OK!

という流れで、英語の勉強のためにパソコンにダウンロードしているという洋画コレクションの中から一本、映画を流してくれました。

ですが、オープニングからキスしまくりハグしまくりのアメリカ人カップルの映像が流れだし

(うわ、、気まず、、。)

…。(映画を凝視。)

(キスしまくりハグしまくり映像を指差しながら)こんな感じの事好きですか?

…。(うわ、、めんどくさ。無視しとこ。)

そしてだんだん私の方に近づいてきて、

こんな感じの事好きですかーー?!!!!(と言いながら、口をとんがらせて私をハグしようとしてくる。)

私たちはただの友達ですよd@☆xKnゃkbえjd!!!(僧侶の元から逃げる)

ご、ごめんなさい、、、。

というような流れでしっかりと謝ってもらい、和解して、事なきを得ました。

「僧侶だから大丈夫だ。安心。」といった私の考えは浅はかすぎた訳で。

彼らにもしっかりペ◯スがついています。

人間は結局煩悩有りの生き物で、いくら修行を重ねた僧侶でも理性を保つことは難しいことなのだなと悟りました。

この出来事があった後、同じようにダラムサラで僧侶に性的な目で見られたという日本人女性と出会いました。

もちろんそんな僧侶ばかりでないと私は信じているので、どんな立場の人間でも特別視せずに対人間として付き合いながら、自分の身は自分で守って行きましょう。

3.スペシャルヨガお兄さん。

場所はインドのラジャスタン州、ヒンドゥー教の聖地プシュカル。

プシュカルは食べ物も安く、シーズンでなければかなり激安でホステルに泊まれることができ、ハイセンスなアパレルショップがたくさんあるので、現地の巡礼者だけでなく、外国人にも人気の地です。

居心地が良くてついつい連泊してしまい、1週間弱滞在してしまっていた頃。

いつものようにストリートフードを道端で食べていると、隣で同じものを食べていた体格のいいお兄さんに話しかけられました。

ここのお店いつも良く来るんだ〜。美味しいよねー。

確かに美味しいですね〜。

お姉さんどこの国の人?

日本ですよー。

そうなんだー。俺、ホテルを経営してて日本人もよく来るよー。

へー。

ホテルではマッサージにも使えるアロマも販売していて、それがお客さんに人気なんだー。今もし時間あれば、俺の経営してるホテルに遊びに来ない?歩いてすぐそこだし。俺のホテルのスペシャルな紅茶も良かったら飲んで欲しい。屋上で一緒にヨガもしようよ。

(めんどくさそうだけど今から予定ないし、歩いてすぐそこって言ってるしついて行ってみるか…。)んー、オッケー!

「歩いてすぐそこ」と言っていたけれど実際10分ぐらい歩いた場所にあったお兄さんが経営するホテル。

湖を見渡すことができるホテルの屋上で、「スペシャルな紅茶だよ」と言われながら渡された普通の紅茶を飲みながらお兄さんに即興ヨガレッスンをしてもらいました。

オームシャンティーシャンティー。

オームシャンティーシャンティー。

オーーーーーーム 

オーーーーーーーーーーム

というやり取りを何回も繰り返しながら呼吸を整えた後、お兄さんがするヨガポーズを見よう見まねで真似しながら一緒にヨガをしました。

そして、ホテルで取り扱っているというスペシャルなオイルを手に塗ってもらいヨガタイムは終了。

お姉さんはスペシャルヨガを知ってるか?

いや、知りませんけど。

スペシャルヨガとはつまり、、、

つまり、、、?

個室に入って、裸になって、それからオイルを塗ってさ、、、俺が今からスペシャルヨガをマンツーマンで個室で教えてあげるよ。

ほ、ほお、、、。(ヤバイと察し、携帯片手に逃げる準備をする)

つまりだな、スペシャルヨガとは男女が混じり合うスペシャルセ◯◯スのことだよ!!!!

いらん!!!

そ、、そうか。じゃあ今日はお開きという事で。バイクでお姉さんの宿泊先まで送っていくよ。

いいです!!!

と言いながら、走って自分が滞在する宿泊先まで逃げました。

「この女は思ったよりも気が強くてややこしい」と察したのか、

今回は事なきを得ましたが、「もしあの時力尽くで無理やり部屋に連れて行かれてたら、、、」と思うとゾッとします。

今回は出会ったばかりの知らない人についていった私も悪いわけでして、いくらインド一人旅に慣れてきたからといっても、知らない人とマンツーマンになることは避けるべきでした。

なぜインドで外国人女性が標的に晒されるのか

以上3つのような私の経験談のように、なぜインドで外国人女性が標的にされるのか。

その理由の1つにインドで放映される映画やドラマに影響があると思われます。

インド産の映画やドラマには官能的描写が外国産のものより少ないため、外国人=性に奔放と思い込んでしまっている人が少なからずいるためです。

(現在は、アマゾンプライムやネットフリックスなどの規制が緩いオンライン動画サービスが普及しているため、それらには官能的描写がありまくりのインド産ドラマや映画などがありますが、、、。)

また、インド人女性は性的な意味でよってかかって来る男性に対しての拒否反応が外国人女性よりも強い傾向にあります。

インド映画でも女性が男性に対して怒っている場面は数多くありますし、街中でも男性に対して声を張り上げて怒っている女性を日本よりよく見かけます。

インド人女性強いんです。

そういったこともあってか、観光客の外国人女性を標的にしがちです。異国に来たからには知らない人でも現地の人と話したいですもんね。

日本人女性は特に見た目が小柄でNOと言えない人種だということもあるので、日本人のことを熟知しているインド人が多数いる観光地では狙われやすい傾向にあると言えます。

インドでするべき詐欺と痴漢に対する対策

平和ボケしがちな日本人の私たちがインドでするべき最低限の詐欺と痴漢に対する対策は以下の3つ。

1.足を露出しない

これは女性に対する対策なのですが、インドでは日本のようにミニスカートや短パンなどの足が丸見えの服を着るのは危険だと思っておいたほうがいいです。

デリーなどの都市部では足が丸見えのスカートや短パンを履いているインド女性も増えてきていますが、そんな女性はまだまだインドでは少数派です。

寺院やモスクなどに入るとき、短パンで入ることは良しとされていないので、足が見えない服装をしておいたほうが観光するにもスムーズに楽しめるでしょう。

部屋着の短パンですぐそこのお店に食べ物を買いに行こうとしたら、「そんな格好じゃ危ないぞ!」とドミトリーで同じ部屋にいたインド人男性が怒ってくれたことがあります。

2.キョロキョロしない

特に有名な都市や観光地などで言えることなのですが、道がわからずキョロキョロしていると必ず人が寄って来ます。親切に教えてくれる人も間違いなくたくさんいるのですが、

「キョロキョロしている」=「インドにまだ慣れていない」=「カモれる」と見なされてしまい悪行を測ろうとしてくる人も中にはいます。

そんな人に絡まれないためには、堂々とした態度でいかにも現地人かのようなオーラを醸しだしながら歩きましょう。(本当にこうすると絡まれなくなります。)

どうしてもキョロキョロしてしまう場合は、キョロキョロした目を隠すためにサングラスをはめるのもいいですよ。

キョロキョロ防止にはグラサン!

3.常に疑う心を持つ

日本にいると、疑う心を持つことってあまりないのではないでしょうか。

商品の値段は店員さんにわざわざ聞かなくてもわかりますし、電車の発車時刻は時刻通り、タクシーはメーター料金でしっかり走ってくれますよね。

ですが、インドではまだまだ大型ショッピングセンターなどより個人商店が断然多く、商品に値札がつけられていないお店がたくさんあります。

よって、店員さんの気分によって値段が変わることなんてしょっちゅうあります。現地人と外国人に対する値段に大差があることだってあるわけです。

そういうわけで、常に疑う心を持っていないとあっさりとボられてしまうんです。ぼったくりの価格を言われても自分が満足する価格でなければ払いたくありませんよね。

また、インドの列車は時刻通りに来ないこともあるので、定刻を信用せずにネットで最新の情報をチェックすることもインドでは重要です。

日本人にとって気疲れしてしまうことかもしれませんが、日本ではあまり身につかない疑う心を持つ事をインドでみにつけてしまえば日本で高い壺を買わされてしまうことを防げるかもしれません。(そんなことあまりないか笑)

疑う心を常に持つことって日本で過ごすにあたっても結構大切なことで。人を信用しすぎてはいけないということを私はインドで身につけ、はっきりと自分の意思を強調するようになり生きやすくなりました。

インドの治安は悪くない!?

どこの国と比べるかによりますが、世界的に見るとインドの治安は悪くないと私は思います。

「いきなり銃を突きつけられた」、「包丁を突きつけられた」といったような南米を旅する旅人から聞くような話をインドの旅人界隈では聞いたことがありません。

もちろん日本と比べると、インドの都市部以外だと24時間営業の店はまだまだありませんし、警察も日本よりいい加減なため、女性が1人で夜出歩くことには日本より危険かもしれません

インドは国土面積が広く人口が多いために事件の絶対数が日本より多くなってしまうことも確かですしね。

ですが日本でも耳を塞ぎたくなるような残虐な事件やレイプ事件だってありますよね。

日本は100%安全な国だ!と言い切れないように、インドも100%安全な国だ!と言い切ることはできません。

必要最低限の対策はマストです!!みなさま安全な旅を!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Profile


Editor りかザキ

  「カルチャーショックが好物です。」
インドを計半年、バックパックを担いで徘徊したのちに旅行系ライターやインド布のEC販売を始める。現在、インド・グルガオンにて生息中。

SUKOBURU -インド布の和服ショップ-

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

ページ上部へ戻る
Translate »