ブログ

日本人女子3人でインドの写真館で写真を撮ってもらった

以前、1人で写真スタジオで写真を撮ってもらったことを書きましたが、今回は私のお友達2人と私の計3人の日本人女子でインドの写真スタジオで撮ってもらいました。今回もなかなかカオスな仕上がりにして下さいました。

今回行った写真スタジオは外国人旅行者がよく滞在する「ニューデリーのパハールガンジ」のとある一角にあったスタジオ。

本当なのかは定かではありませんが、スタッフの人曰くここの写真スタジオに藤原紀香が来たことがあるのだとか。

記念写真のみならず、パスポートや個人情報などの書類用の証明写真を撮りに来ている現地のお客さんが次々と訪れていて賑わっていました。

写真が購入できるだけでなく、写真がプリントされたマグカップやクッションなどのグッズも購入できるらしい。写真をグッズ化して売り出すスタイルは日本の写真館とあまり変わりがないですね。

こちらのスタジオで写真を撮ってもらいます。所狭しにインド色強目の写真が飾られています。

特にこちらからはポーズの指定などはせず、「とにかく3人の写真を撮ってください」とお願いしました。

私たちが持参したストールを(謎なことに)かなり事細かくカメラマンによる微調整。

(謎の)事細かいストールの微調整を終え、早速撮影。
カメラマンの掛け声は「スマーーイル!スマーイル!グッドグッド!」でした。いたってシンプルな掛け声。
数ポーズ、3人での撮影を撮り終わった後は特に頼んでもいない1人撮影に。カメラマンの押し付け具合に自然と笑いが出て来てしまいます。

そして個人撮影が終わり、カメラマンがもう1人入って来てカメラを持つ人が変わり何が始まるのだろうと思ったら、、、

まさかのスタッフ乱入撮影会が始まりました。

日本だったら、確実に「は?」となっているであろう行動であり出来事ですが、さすがおおらかインド人。まさにIncreadible Indiaな瞬間でした。

自然に私たちも爆笑してしまい、笑みがこぼれ落ちます。

撮影が終わり、次は編集の行程。

背景を合成するために、1人1人の頭からつま先まで綺麗に切り取ってくれています。
美肌補正も抜かりなく1人1人に行ってくれました。

プロの手つきでチャチャチャッと、切り取りと補正を終わらしてくれ、次は背景選び。

インドっぽいのかどうなのかわからない背景が出て来たり、、
色々な背景を試行錯誤してもらった末に、緑と池の背景にしてもらいました。

他の個人撮影の写真や、スタッフ乱入写真も編集してもらい、「さあ、やっと現物がもらえるぞ!」と思ったが否や、写真の出来上がりまでには数時間かかるとのことで代金を先に支払って、時間が経ってからまた取りに来ることに。

お値段は、撮影・編集・印刷・携帯へのデータ転送も全て込みで1枚につき150ルピー(約240円)でした。

そして、出来上がりがこちらっ

どーん!!!!

結構大きめのサイズ。そして実物でみるとやっぱり配色具合が独特で最高です。
スタッフ乱入写真にはリクエストでナンディンという牛の神様も入れてもらいました。
上高地感のある謎の背景と牛さんのチラ見具合が最高です。
データで見るともっと鮮明でやばいなとしか言いようがないカオス感があります。

この写真たちの使用用途は謎ですが、インドに来た際は観光ばかりでなく、プリクラを撮る感覚で是非写真スタジオへ。

カルチャーショックを感じられ、きっと良き記念になるはず。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 4月 17日

category

ページ上部へ戻る
Translate »