ブログ

ターバンの宗教「シク教」の総本山ゴールデンテンプル

シク教の聖地アムリトサル

インドの首都デリーから列車で北上し約6時間の場所にあるシク教の聖地アムリトサル。

インド北西部の州、パンジャーブ州に属しており、

パキスタンとの国境に位置している。

パンジャーブ州の「パンジャーブ」の語源はペルシア語のパンジュ・アブ(punj-ab)(意味:5つの河)で、

パンジャブ州には本当に5つの河が存在する。

 

インド・パンジャブ州にはたくさんのシク教の人達が生活している。

 

シク教の割合はインド人口の2%だが、

そのうちの70%がパンジャブ州に住んでいる。

 

そのため、

道を歩いている人やバイクに乗っている人、

警察官にレストランの店員と
そこらじゅうで色とりどりの

ターバンを巻いた人達を見かける。

明らかに他のインドの地域とは違うということを、
この街を歩いているだけで感じ取ることができる。

 

そしてここアムリトサルには

golden temple(Harmandir Sahib)」という
シク教のグルドワラ(シク教のお寺)があり、
毎日24時間各地から

たくさんのシク教徒の巡礼者を始め

異教徒の巡礼者も数多く集まる。

 

 

シク教って?

シク教の人の他の宗教と違う主な特徴は

頭に巻いたターバン

macやiPhoneの絵文字機能で

ターバンを巻いた人の顔が

「インド人」としてこのように出てくるが

インド人全員がターバンを巻いているわけではない。

 

日本人=舞妓、侍、忍者とイメージされるように

インド人=ターバンは単なるイメージにすぎない。


インドにはこんな感じでぐるぐると

適当な布を頭に巻いているおじさんがよくいるが、

 

宗教的な意味合いでターバンを巻いているのは

シク教の人達だけだ。

 

 

「全ての人間は皆平等である」として

今でもインドに残っているカースト制度を否定し、

「この世に神の国を造る」といってシク教を展開し、

開祖したのがナーナクさん。

 

そして、そのナーナクさんの最後の後継者が、

連体感を生み出して、他の宗教と差をつけ独自性を

高めていくためにターバンをシク教の象徴とした

ことによって、今もなおシク教の人々はターバンを

巻いているのである。

 

ちなみに、シク教の人々は頭にターバンを巻いて

すでに守られているので

バイク乗用時のヘルメットは義務付けられていない。

 

 

シク教の黄金に光り輝くGolden Temple

ゴールデンテンプルに入るには、シク教でない人も

男女も宗教も問わず頭を布で覆わなければ入れない。

 

なので、入り口で頭を覆うようの布を

貸し出ししている。

 

ゴールデンテンプル付近のマーケットでは

頭を覆うようの簡易的なターバンや布が

数十ルピーぐらいでたくさん売られている。

 

そして、裸足で入らなければならないので

靴を入り口で預ける。

このゴールデンテンプルの運営は全て寄付で賄われていて、

働いている人達はボランティアなので、

靴を預けるのにもちろんお金はかからない。

靴を預けると引き換えにトークンが渡される。

 

靴を預けずに自分のカバンに靴を入れて

中に入ろうとする外国人がたまにいるからか、

入り口で「トークンは持ってるか?」と提示を

求められることもあるのでちゃんと靴は預けましょう。

 

神社に参拝する前に手水舎で柄杓で水をすくって

口と手を清めるのと同じように、

ここシク教のグルドワラでも口と手を清める。

 

門をくぐる前に足も清める。

 

そして門をくぐり階段を下ると、、

ゴールデンテンプル!

ゴールデンテンプルに向かってお祈りしてる人や、

 

沐浴している人や、

 

ただひたすらゴールデンテンプルを眺める人や

ただひたすらセルフィーをとっている人達もいて、

「周りと同調せず己を生きる」インド人の国民性が現れている。

 

夜のゴールデンテンプルはライトアップされ、

より一層水面にシルエットが映し出されて綺麗。

 

このゴールデンテンプルの敷地はとても広く、

お祈りしたり、ドネーションをしたりする場所だったり、

 

大切にされている大きな木があったり、

 

飲料水を配っている場所もあちこちにある。

 

もちろんゴールデンテンプルの中(中は撮影禁止)

にも入ることができ、中は四六時中、人でいっぱいだ。

 

外国人専用無料宿泊所

ここゴールデンテンプルは

外国人専用の無料宿泊所もある。

 

ベットが何個か並んだ大部屋1つと、

3〜4人が寝れるくらいの中部屋が2つあり、

 

姿見もあったり

 

60ℓくらいのバックパックでも

すっぽり入るロッカーもあったり、

シャワー室もある。

 

目の前がインド人の人々の宿泊所で、

トイレだけ外国人も共用。

 

無料食堂『ランガル』

ゴールデンテンプルに来たからには

絶対に行くべき場所、

無償で食事が振舞われる”無料食堂”『ランガル』

このランガルには、

毎日24時間10万人が訪れ食事をしに来る。

人種も階級も宗教も関係なしで誰でも食事をすることができる。

つまり、『同じ釜の飯を食えば皆仲間!』方式だ。

 

食器をもらい、

地面に座り、食器を手前に置いて待っていると

 

食事をボランティアのスタッフの人々が入れてくれる。

全て揃ったら、いただきまーす!

メニューは日や時間によって違うが、

この写真の日のメニューは

左からダールカレー(豆のカレー)、ピラフ、

ライスキール(おかゆの甘いバージョン)、チャパティ。

 

汁物やライス類はスタッフが入れてくれるが、

チャパティは渡してくれるのを手で受け取る方式。

この受け取る時に、片手で受け取ろうとすると

チャパティを渡してくれないので、

絶対に両手で受け取る。

 

気になるお味は、普通に美味しい。

味付けも濃くなく薄くなくちょうどいい。

インドのレストランででてくる食事は味付けが

基本的に濃かったり、

日本人からすると刺激的な味付けだったりするが、

ここランガルで出てくる食事は素朴で家庭的な味で

おかわりするほど美味しかった。

 

そして、食後のチャイもランガルでいただくことができる。

タイミングによればラスクをいただけることも。

 

何と言ってもこの”無料食堂”『ランガル』のすごいところは、

皿洗いも、

 

調理も全てボランティアによって成り立っていること。

 

人手が足りないというような印象は一切なく、

むしろボランティアの人で溢れかえっているくらい。

 

シク教の総本山「ゴールデンテンプル」でボランティアをすることは、

シク教の人々にとってはボランティアという「奉仕活動」としてではなく

信仰心からなる「巡礼」のうちの1つなのだろう。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 4月 17日

ページ上部へ戻る
Translate »