ブログ

エロティックなお寺があるガジュラホ村

ガジュラホ村とは?

カジュラホ(khajhuraho)村はインドの首都デリーから電車で一晩過ごすと着くことのできる、世界遺産のガジュラホ寺院がある村。

この村にはガジュラホ寺院目当てでやって来る人が多いのですが、それ以外にも見応えのある場所がたくさんあるんです。

北インド周遊の際は是非とも行くべき!

 

オススメホステル

インドだけでなく、ネパールにもあるホステルチェーンのZOSTEL カジュラホ店、オススメ。

バスで夜中の三時にヨガの聖地リシュケシュに着き、怯えながらさまよって、警察のバイクに乗せてもらって着いたホステルもこのZOSTELチェーンだった。

だが、

カジュラホ店はシャワーの出が広範囲かつ、お湯がずっと出てきてくれてサイコー&ずっと浴びていたいって感じでした。
リシュケシュ店はシャワーの出がチョロチョロかつ、お湯の出が悪かった、、。

まあ日にも部屋にもよるんやろうけど。

ちなみにどちらもドミトリーで一泊350ルピーぐらい。

 

世界遺産のカジュラホ寺院を観る

ガジュラホ村といえばとりあえずガジュラホ寺院。
東群、南群、西群と別れているのだが、
一番大きい西群の外国人の入場料は500ルピー。
インド人の入場料は30ルピーだった、、確か。

大体のインドの世界遺産の入場料は外国人に対して強気な値段設定。

 

とりあえず、説明書きがお出迎えしてくれます。


このような形をした寺院が10軒、東に向いて建っています。

近くによると

 

もっと近くによると

ドーーン!

 

 


ドドドドーン!

こちらは四人がかりで。

 


あからさまに行為をしておられる石像たち。

 


髪の毛の触り合いっこでしょうか?

 

そして、これらの写真には石像が欠けている部分があることにお気づきいただけたろうか。
足や顔などが欠けている。

 

このゾウさんたちは鼻も片足もない。

カジュラホ寺院はヒンドゥー教の寺なのだが、これらはどうやら昔、イスラム教によって破壊されたらしい。

もちろん丸ごと壊されている箇所もあったが、これらの写真の像は部分的に綺麗に壊されている。

「大事な箇所を部分的に壊してやろう」ということだったのだろうか、「全部壊すのは可哀想だから大部分は残しといてやろう」ということだったのだろうか、、

壊された部分を手でなぞりながら色々考えてしまった。

 

この寺院は外観を見るだけでなく中にも入ることができる。

中にも同じような像がたくさんあり、暗くて涼しく居心地が良かった。

中から出て座って休んでいると、警備員の人から話しかけられた。

「石像を見て興奮した外国人のカップルはね〜、この寺の中でコトを済ますよ。」

「インド人のカップルはね〜、わずか30ルピーの入場料でこの寺の中で楽しんでいくよ」

「俺はそういう人たちをたくさん見てきた」

ってwwwww

 

 

こんなことをお話してくれる警備員もいます。

 

 

とりあえず記念に一緒に写真撮っておきました。

 

 

インドのグランドキャニオン

先ほど紹介した西群のカジュラホ寺院からオートリキシャで約30分のところに「Raneh Water Falls」というインドのグランドキャニオンがある。

ここで通行料を払う。

 

料金所のそばでネックレスを売る商売魂。

 

このような服を着た専門のガイドが一団体に一人必ずつく。

ガイドが必ず付く理由は危険なところに足を踏み入れたり、向こう側に行ったりしてしまう人がいるから。

ガイドさん曰く、向こう側に行った人は二度と帰ってこなかったらしい、、、。

 

雨期で天候が悪かったため、すごい水の量だった。

 

人の手が加わっていない自然の怖さを感じることができる。

 

チャリンコで村探検

ホステルのチャリンコを借りて村を探検。

舗装されていない砂利道だらけだが、村探検はゆっくり景色が観れるチャリンコが最適。

こいでいると早速タイヤがパンクしたので自転車屋でパンク修理。

パンク修理代:何ルピーだったか忘れたが日本円でいうと数十円だった

 

日本だと最初から最後まで全て自転車屋が修理してくれるが、

ここではパンクの穴探しやら空気入れなども店員と客が共同作業。

あと、店に喋りにだけ来ている人がたくさんいて誰が店員なのかわからない。(インドあるある)

 

まあ、そんなこんなで村をチャリンコで探検していくと、、

 

村人が井戸で洗濯をしていたり。

 

道の隅でう●ちをしていたり。(何人も見た)

 

豚が泥の中で寝ていたり。

 

将来ガイドになりたいという村の小学生の男の子がいろいろな場所を案内してくれた。

「これ飲んでみたけど甘くてまずかったから川に中身を全部流しちゃったよ〜!」の時の写真)

 

いや、買ってあげたジュースwww

 

 

インドの子供は正直な子が多い気がする。

なんかもう、ハッキリしていて気持ちがいい。

 

 

カジュラホ寺院の東群に位置するジャイナ教の寺院がある。

 

ジャイナ教とは?

  • 自分の呼吸で虫を殺さぬよう口を布で覆う
  • 歩くときは地面にいる虫を踏まないようにする
  • 菜食主義の上に菜・球根類は生きているものを殺すことになるので食べない

などの不殺生

そして苦行や禁欲を徹底的に行うインドの宗教の一つである。

 

このジャイナ教の寺院がチャリンコで村探検している中で一番見応えがあった。

地面のタイルが可愛い。

 

 

柵も一つ一つデザインが細かい。

 

 

 

ジャイナ教の聖者はバースデイスーツ。

何も着飾らないありのままの姿。

 

あちこちにポスターが貼られている。

 

 

山の上にあるお寺

西群のカジュラホ寺院から東向きにオートリクシャーに乗って約20分ぐらい。

山の上に建つヒンドゥー教の寺院を目指す。

山のふもとまでは悪路なのでオートリキシャーで行くことはできない。

なので途中で降ろしてもらい、村人に案内してもらいながら歩いていく。

山を目指して進んでいく。

 

山のふもと付近にはバッファローや牛を飼っている小屋が。

牛の赤ちゃん可愛かった。

 

小屋の主が山を登っていくところを見届けてくれた。

 

足元は悪く、急斜面だが数十分で山頂に。

この白い建物がお寺。

高さは170センチぐらいで小さいが中にしっかりと神様が祀られていた。

 

眺めは最高で、緑だらけの村を一面見渡せる。

 

 

まとめ


三日間でのんびりと周ったが、三日間以上居ていたいくらいだった。
なので、一週間ほどカジュラホ村は滞在してもいいくらいかもしれない。特に田舎好きは。

 

西群のカジュラホ寺院の前は日本語を喋り勧誘してくるインド人が割といたが、
村の方へ入っていくと、家に上げてくれる家族や、元気に近寄ってくる子供達がいたりと、
インドの田舎村の人間味あふれる日常を覗くことが出来る。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Translate »